格安SIMとは何ですか?

格安SIMとは何ですか?

「格安SIM」を説明するには、まずSIMカードとその背景から紹介する必要があります。
SIMカードとは、スマートフォンや携帯電話端末に差し込んで使用するICカードのことで、端末を利用するためには必ず必要なものです。
普段は、通信会社のショップで店員がセッティングを行ってくれるので、実際に目にする人は少ないのですが、実は最近、このSIMカードだけが販売されるようになってきたのです。

 

従来の端末には、仮に自分のSIMカードを抜き取って、別の端末に差し込んだとしても使えない仕組み、いわゆる「SIMロック」機構が施されています。しかし近年になって、これを自由に取り換えて使用することが可能な「SIMフリー」端末が登場してきています。もしもシークスで扱う端末は全てSIMフリー端末となっています。

 

これは、携帯端末市場の活性化とユーザーの利便性が向上するとして、世界各国で注目され始め、日本でも2015年からは、さらに拡充されることが総務省より発表されています。

 

そこで登場してきたのが、もしもシークスのようにドコモなどの大手キャリアから通信設備を借りることでサービス提供を行う格安SIM業者です。

 

自社で通信設備や販売店を持たないことから低コスト化が可能で、ユーザーはSIMカードを購入し、SIMフリー対応端末を購入して使用する仕組みです。
もしもシークスの場合は、端末へのセッティング済みですぐに使用できる状態で販売をしています。

 

通信量が少ないプランも多く、データ通信のヘビーユーザーには不向きとされていますが、コスト面でスマートフォンの使用を諦めていたユーザーには朗報と言えるサービスでしょう。

格安SIMのメリット・デメリット

格安SIMのメリット

格安SIMを販売する多くは、もしもシークスのように自社内に通信設備を持たない「仮想移動体通信事業者」です。ドコモなど他社の持つ通信インフラを借りて運営を行うため経費削減が図れ、格安のSIMを実現しています。

 

また、サービス内容も音声通話の有無やデータ通信量の配分などを変えることで、より低価格なサービスを提供しています。

格安SIMのデメリット

格安SIMはライトユーザーの取り込みを図ったサービス展開が中心となっているため、データ量の上限を超えるとスピードに制約がかかる場合があります。
また、使用する回線の種類やカードのサイズが端末に合うかどうかを考慮したうえでSIMを購入しなければならない煩雑さもデメリットと言えます。

 

いずれにしても、自分のライフスタイルに合致したプランが選べる「ユーザーライク」なところと「コストパフォーマンス」がメリットですので、興味がある方は是非検討されてはいかがでしょうか。